筆者が厳選した、英語のリスニング強化に役立つ、楽しい海外の英語番組を、解説付きで定期配信していきます。 継続こそが唯一の成功の鍵、英語マラソンで使える英語を体得して、一発逆転の人生を掴もう!
筆者が厳選した、英語のリスニング強化に役立つ、楽しい海外の英語番組を、解説付きで定期配信していきます。 継続こそが唯一の成功の鍵、英語マラソンで使える英語を体得して、一発逆転の人生を掴もう!
9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

「英語学習」第28回 13億人のトップエリート北京大学!中国言論の自由?

英語学習

「英語学習」第28回 13億人のトップエリート北京大学!中国言論の自由?

これが中国13億人のトップエリートのIQです。

今週は約一週間、四川省の成都に出張してたので、なかなか更新ができませんでした。ごめんなさい!

さて、成都ですが、実は中国のシルクロードの出発点と言われる、西安よりもずっと西に位置していて、上海から飛行機でも3時間ぐらいかかります。日本に行くのとあまり変わらないですね。

四川省で一番有名なものと言えば、やっぱり「辛い食べ物」と、「変面ショー」ですよね。
変面ショーは近距離から撮影できた動画を旅行記の方にUPしますので見てみてください。
目に止まらぬ速さで、顔に付けているお面を、アップテンポの音楽に合わせて踊りながら、次から次へとチェンジしていく技術は圧巻です!



さて、この一週間も色々なニュースがありましたね。
その中でも、AOMANが注目したのは、民進党が提案しているベーシックインカムです。

人工知能とロボットに仕事が奪われることで、将来失業者が増えることが予想されています。そこでベーシックインカムのアイデアが出てくるそうです。
AIとかロボットに税金を掛けて、その税収を財源にして、更に足りない分は消費税とか所得税で補うことで、毎月国民の全員に必要最低限のお金を政府が給付するシステムを検討導入してはどうか??という事だそうです。。

もうSF映画の世界ですね。
たくさんの人が働かなくなって、一部の企業家とコンピューターに生活の全てを任せていれば、最低限、食べていくことぐらいはできてしまう社会です。
どう思いますか?

工場の生産ロボットとか、家政婦ロボットとか、ロボット彼氏彼女とか(笑)、便利だけど税金は高いから、「もっと便利な生活をしたい人は、頑張って働こうね!」みたいな。

AIタクシー見て、頑張って働いて税金払えよ!みたいな(笑)

もう意味わかりません。。。人としては退化していきそうで怖い気がします。

★中国13億人のトップエリート。北京大学のディベートクラブを撮影したドキュメンタリー映像です!

また、いつものように質問を用意しましたので、確認しながら動画を見てください。みんな英語が上手ですよ!

学生が超高IQなのを悟るのに数分も必要としないでしょう。一般論から最後は言論の自由について、深く切り込んでいくなかで、学生たちに不安やフラストレーションが垣間見えて、真実の中国が見えてきます。

1, China's rich history can go back to 2000BC. In 1912, what major vent did China experienced?

2, The producer was invited to the debate club of Beijing University. Student are all different background but one thing in common. What is it?

3, Many students expressed general election all over China and democracy does not fit China. Why does a lady student Difei think so?

4, A male student, Harman explains an idea of what ordinary Chinese people think of "Good government". What is Good government for Chinese people?

5, The producer appreciated the safety in China where she came from has problem of insecurity. However, she later realized she misses what she had back in home country for granted. What is it?

6, A professor, Ethan explained how advanced the system of censorship to control the media and information by the Chinese government. What topic is censored?

7, In the end, the producer expressed that China has become a capitalist country without becoming democratic country. Capitalism does not always come with democracy. Instead, communist ideology has walked out on China. She throws a question the bullet point question to viewers? What is the question?


どうでしたか?

ANSWERS / みんな英語を話すことにほとんど抵抗がなかったですね。では答えを見てみましょう!

1, China's rich history can go back to 2000BC. In 1912, what major vent did China experienced?
[Qing dynasty was over thrown and the 4000 years of tradition of Royal rules ended. It became Republic of China]

2, The producer was invited to the debate club of Beijing University. Student are all different background but one thing in common. What is it?
[They are all academically best of the best. To enter the Beijing University, they have to be the best amongst the 1.3 billion population.]

3, Many students expressed general election all over China and democracy does not fit China. Why does a lady student Difei think so?
["China needs stability and cannot afford changes in 3-4 years. She also says though stability sometimes entails you have to sacrifice something.]

4, A male student, Harman explains an idea of what ordinary Chinese people think of "Good government". What is Good government for Chinese people?
[A government that keep people alive and not starved. In Chinese history, people turn against government only when their life is in danger.]

5, The producer appreciated the safety in China where she came from has problem of insecurity. However, she later realized she misses what she had back in home country for granted. What is it?
[Freedom of speech.]

6, A professor, Ethan explained how advanced the system of censorship to control the media and information by the Chinese government. What topic is censored?
[He explained any topics are completely free to talk or express including social issues except one topic. Political topic against the communist party.]

7, In the end, the producer expressed that China has become a capitalist country without becoming democratic country. Capitalism does not always come with democracy. Instead, communist ideology has walked out on China. She throws a question the bullet point question to viewers? What is the question?
[Do we fear the China's communist past or for capitalist future? And who fears who? Suspicion goes both way.]



ドキュメンタリーの最後のプロデゥーサーの言葉が心に残りました。

"In the end we have more fear from unstable China than rising China."
"China is like Everest, diverse and changes at its own pace. Today we have no future without China. Understanding each other is the key. Western must give time to China and also take time to know them.]

"Today I see a hope, a hope of a nation that non of us should fear."

あなたはどう思いましたか?
ニュースだけで見るよりも、こうした学生たちの生の声を聴くと大分印象が変わりませんか?人としてはみんな同じだなと改めて感じました。。
共産主義でありながら、実態は超資本主的で日本よりも遥かに社会格差が大きい中国。

生まれや面子が大事で、サラリーマンの給与ではどう計算しても手が届かなくなってしまった大都市の住宅価格、親族に頼れる人がいなければマイホームは夢のまた夢です。90年代、2000年代の超高度経済成長時代には起業して成功するチャイナドリームがあちこちにありました。今は昔とは違います。

葛藤と諦めの中にも、他民族で文化も宗教も風土も違って、あんなに貧しかった中国を、共産党がここまで豊かにしてくれたんだと言う、言わば「よくやったと、認めている」側面もあるんですね。筆者の友達も基本みんな似たような考え方です。ですので、日本人が思っているほど、中国人は政府に対して不満を持っていないんです。

以外でしょ?どう思われましたか?ご意見感想があったら、FBまたはツイッターでメッセージください。待ってます。

それでは、また次回!
AOMAN


中国で超有名歌手の「那英」の有名な曲、「黙」です。聞いてみてください!



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

"">